井戸の事なら、お任せください

PSワイヤライン工法

pswiya_b_w630専用のPSワイヤラインサンプリングツールとアロードリルRPD-160C(または150C)との組み合わせにより、砂礫、玉石はもちろん、あらゆる地層、あらゆる岩盤を1つのサンプラーで連続的にサンプリングすることを可能にしたPSワイヤライン工法。

綿密な地層調査がますます必要になった現在、これからサンプリングの標準工法としてさらに期待度も増していくことでしょう。

近年では、トンネル切羽休業日(週末など)に24時間体制にて施工を行うケースが増えております。

施工例 ・・・
金曜日(午後)より ・・・ 機材搬入・新規入場等
土曜日(朝)より  ・・・ 機械設置・削孔(サンプリング)
日曜日(終日)   ・・・ サンプリング完了(水平延長100m前後)(ラップ長及び岩質に異なります)
月曜日(朝)    ・・・ 機材撤去・搬出

PSワイヤライン工法~機器仕様

型式 PS89
 孔径(セットビット外径) mm 101.0
コア径(セットビット内径) mm 45.0
アウターチューブ外径 mm 89.1
アウターチューブ内径 mm 63.5
インナーチューブ外径 mm 60.5
インナーチューブ内径 mm 50.5
ロッド外径 mm 89.1
ロッド内径 mm 63.5
コアバーレル重量 kg 65.0
ロッド重量 kg 17.5

●ロッド内径はストレート専用ロッドです。
●ワイヤラインツールスには1.0m、1.5m、2.0mの3種類があります。
用途に合わせてお選びください。

ドリルユニット(クローラ)

2085-1

 

型式 RPD-160C
堀さく口径 mm 101~225
堀さく深度 m 100
回転数 rpm 36~80
トルク N-m 8000
打撃数 bpm 2200/3000
打撃エネルギー 750/430
スラスト kN 60
ストローク長 mm 2760
原動機(ディーゼルエンジン) kW/rpm 150/1800(水冷)
機体寸法(運搬時)
(L x W x H)
mm 7250 x 2450 x 2550
質量 kg 11500
rpd-160c

RPD-160Cでの作業状況(トンネル先端部)

 


ドリルユニット(スキッドベース)

型式 RPD-75DR
堀さく口径 mm 101~157
堀さく深度 m 60(堀さく口径及び対象地層により変わります。)
堀さく角度 ° +10°~-90°
ドリルヘッド 型式 KD-610A
回転数 rpm 低速回転 0~40/高速回転 0~80
トルク N-m 低速回転 6000/高速回転 3000
打撃数 bpm 2200
打撃数エネルギー 500
給進装置 給進方式 油圧シリンダーとチェーンの組み合わせ
給進力 kN 0~20
引抜力 kN 0~60
給進速度 m/min 0~5
早送り速度 m/min 15
ストローク mm I.フルストローク時 2250
II.3.0mライナー時 1440
III.3.5mライナー時 1940
ロッド切装置 アウタクランプ 油圧式2方向支持形
ロッドブレーカ 油圧式オートマチック
機体寸法
(運搬時 L x W x H)
3.0mライナー時 mm 2855 x 1665 x 1300
3.5mライナー時 mm 3205 x 1665 x 1300
フルストローク時 mm 3515 x1665 x 1300
質量 3.0mライナー時 kg 約2650(乾燥重量)
3.5mライナー時 kg 約2700(乾燥重量)
フルストローク時 kg 約2800(乾燥重量)

 

 

PSワイヤライン工法専用ツールスの標準的な組み合わせ

ps_kouhou_image

お気軽にお問い合わせください TEL 0197-67-3121 AM8:00~PM5:00(土日祝祭日除く)
受付メール asahi@asabo.co.jp

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 旭ボーリング株式会社 All Rights Reserved.